Hexagon m&h NCギヤゲージング【NCゲージ オプション】

Hexagon m&h NCギヤゲージング【NCゲージ オプション】

HEXAGON

複合加工機で歯車の計測が可能に

機上計測による自動化 導入サポート受付中!!

NCゲージ+NCギヤゲージング(オプション)で歯車専用計測装置を使用せず、
複合加工機の機上で歯車の計測を実現しました。

特長

  • NCゲージの回転軸補正機能を使用して、複合加工機の回転軸誤差を補正できる
  • NCゲージのティーチング機能を使用し、歯車の測定前心出しが容易に
  • 歯車のパラメータを設定するだけで計測プログラムを生成できる
  • 歯車の計測結果がビジュアルなレポートで表示できる

計測可能な歯車

円筒歯車
・ストレート
・はすば

計測項目

・歯形
・歯すじ
・ピッチ
・オーバーピン
・歯車等級

測定の流れ

Step 1:パソコンで初期設定

  • NCギヤゲージングの起動
  • 機械構成ファイルの作成
  • ギヤデータのファイル作成(諸元表に基づきパラメータを入力)
  • ギヤデータファイルを工作機械へ書き出し

Step 2:複合加工機で計測

  • 測定に必要なものを準備する(歯車、プローブ、校正球等)
  • プローブ・回転軸の校正(キャリブレーション)の確認
  • 校正(キャリブレーション)の妥当性確認
  • 歯車の取り付け・アライメントの確認
  • 歯車の原点設定
  • C軸オフセットの設定
  • 歯車の測定

Step 3:パソコンで解析

  • ギヤ測定結果データファイルのパソコンへの取り組み
  • ギヤ測定結果データファイルの評価
  • 評価レポートの確認
  • 終了

歯車計測の段取り

NCゲージのティーチング機能を使用して測定ギヤの心出しを実施

NC ギヤゲージング 設定

(1)ギヤのタイプを選択する。*現状は円筒歯車のみ測定可能。

(2)計測をするギヤの形状、計測個所等々をNCギヤゲージングで設定する。

ギヤの計測

NCゲージVer3.5で追加した新しい機能 “3次元曲線の測定” を使用し、ギヤの特殊曲面を測定します。
この機能は、NCギヤゲージで生成されたi-j-kを持つ計測パスを機械に出力し、計測結果をNCギヤゲージへ返します。

評価規格の選択

JIS, ISO, DIN, AGMA, ANSI等々、様々な規格から評価ができます。

レポート 評価

歯形、歯筋の測定結果

ピッチの測定結果

対応機械

オークマ株式会社様製

[複合加工機]
・MULTUS – U3000
・MULTUS – U4000
・MULTUS – U5000
・MULTUS – B300Ⅱ
・MULTUS – B400Ⅱ
・MULTUS – B500
・MULTUS – B750

[NC制御装置]
・OSP-300SA