Hexagon 超音波厚み測定プローブ【WET対応】 RWP20.50-UTP-WET

Hexagon 超音波厚み測定プローブ【WET対応】 RWP20.50-UTP-WET

HEXAGON

無人で航空機部品の厚みを自動測定しデータを記録

特長

航空機部品の加工後の厚み管理は重要な工程です。
現状はハンディタイプの超音波式厚み測定機を使用して、人が手動で測定し、その数値を記録されています。
航空機のボディのように、大型のワークの厚み測定は数時間かかるため、機上にて自動でワークの厚みを測定するプローブシステムにより、生産性を大幅に改善できます。
  • 厚みを自動計測できる
    (0.7mm~9mm, 1.5mm~30mm)
  • 人による手動計測が1時間の場合、すべて無人になる
  • 測定座標位置が記録される
  • レポートを自動化できる
  • ワーク計測用タッチプローブと併用できる
  • ワーク温度測定プローブと併用できる

システムバリエーション

プローブタイプ

原理

超音波のエコーを利用し厚みを測定

信号受信部

  • 相互通信プローブ8セットまで対応     
  • 対応プローブ

    ・標準プローブ
    ・高精度プローブ
    ・温度測定プローブ
    ・超音波プローブ

  • ペアリング 赤外線式
  • デュアルプローブモード

    ・2軸ヘッドへ対応
    ・各主軸8個x2 16個のプローブに対応

  • ケーブル出口は側面と背面

測定例

精度(実力値)

仕様

測定方向 -Z方向
最大スタイラス移動量 -6mm
測定力 10N
推奨測定速度 500mm/min
測定精度 +/-10μm
電池寿命 操作時200時間、待機1年
測定厚み範囲 0.7~9mm、1.5~30mm
Z方向位置決め精度 5μm(2σ値)

動画