Hexagon LS-C-5.8 レーザースキャナー

Hexagon LS-C-5.8 レーザースキャナー

HEXAGON

機上計測の先端技術
三次元測定機のノウハウを工作機械へ

特長

機上レーザースキャニング

機上計測の問題点について

一般的な機上計測はタッチ式プローブが採用されており、高精度な測定が実施されています。
穴径、ピッチ、幾何公差などシンプルな計測が大部分を占めています。中には、CADデータをダウンロードして、そのデータに基づき測定プログラムを作成し、計測結果とCADデータを比較するケースもあります。この計測は特に金型分野が多く、複雑な自由曲面の加工評価に用いられます。
金型の自由曲面を従来のタッチ式プローブで測定しますと、大型ワークの場合、数時間かかる場合があります。
また、接触式スキャニングプローブを使用してもある程度時間がかかり、ワーク表面に傷が生じる可能性があります。

非接触式による課題解消へ

Hexagon社はこの問題を解決すべく、非接触式レーザースキャニングプローブを開発しました。
LS-C-5.8は1秒間に36,000点の測定が可能です。
タッチプローブで同じ点数を測定する場合、20時間かかります。(1点/2秒換算)
また、非接触式のため傷がつきやすい仕上げ面、硬度が低い面、接触すると変形する材質等に極めて有効です。
なお、小径の穴が多数個開いている計測も効率が上がります。  

測定範囲

  • レーザーライン:5 〜 47 mm
  • 被写界深度:8 80 mm(+/- 40mm)
測定範囲
測定範囲

青色レーザー

  • 青色レーザー使用 (赤色より波長が短い)
  • 外乱の影響を受けにくい
  • 36,000 点 / 秒
  • ワーク表面仕上げの影響を受けにくい

CADとの比較、リバースエンジニアリング

CADデータとの比較やリバースエンジニアリングが可能です。

接続仕様

仕様

レーザークラス 2 (EN/IEC 60825-1: 2014)
レーザー メーカー: OSRAM Opto Semiconductors GmbH
名称: laser diode
型式: PL450B
波長(可視): - 450 nm
出力(Max): 1 mW
照射角度: 24度
CW radiation
測定設置距離(Z) 140 ± 40 mm
ライン/秒 40 Hz
データ取得量 36,000 点 / 秒
操作温度 5 to 45 °C (41 to 113 °F)
操作湿度 90% 結露無し
暖気運転時間 30分
外形寸法 116mm×62mm x 128.5mm
重量 750 g
供給電源 DC18 to 28V,170 to 200 mA
保護等級 IP64 (IEC 60529)
保管温度 -25 to +70 °C (-13 to +158 °F)

動画