九州大学 VTL (Visual Timing Light) 評価実験

九州大学 VTL (Visual Timing Light) 評価実験

CaptainIndustries

九州大学 × Captain Industories
評価実験でのコラボレーション

特長

九州大学大学院システム情報科学研究院 ヒューマノフィリックスシステム研究室とのコラボレーションにより、バルトマン(Waldmann)社オリジナルのサーカディアンリズム機能VTL(Visual Timing Light)の評価実験をVTL搭載機ラヴィゴ(Lavigo)を12台を用いて実施しています。

九州大学 大学院システム情報科学研究院 
ヒューマノフィリックスシステム研究室

研究概要

荒川研究室では、実世界からのセンシング技術とクラウドでのデータ処理技術、その間を結ぶネットワーク技術という情報領域の多様な技術を組み合わせ、人に寄り添うサイバーフィジカルシステム(CPS:Cyber-Physical Systems)、つまり、ヒューマノフィリックシステムに関する研究を行っています。ヒューマノフィリックとは、人(human)と“友好”を意味する接尾語philicを組み合わせた造語で、「人と親和性の高い」、「人に優しい」という意味を表します。研究室では、特に、センサ(IoT)と機械学習(AI)を用いた人の行動認識に関する研究を軸としており、その実現のために新しいセンサの開発からアプリケーションの実装まで幅広く実施しています。

その中で、オフィスを対象とした研究にも取り組んでおり、姿勢をセンシングする椅子の開発(大手オフィス家具メーカーと共同開発)、一般会社員を対象としたメンタルヘルスセンシング(延べ企業10社140名からデータ計測)、センサとの対話による鼓動変容支援システム、といった研究を行っています。研究室全体を実験場として、ABW(Activity-Based Workplace)を体現し、立位姿勢で作業できるエリアや人工芝のエリアなど一般的な大学研究室にはない環境を構築しています。その中で、Waldmann社のLAVIGOに出会い、この度、研究室全体をLAVIGOの評価実験環境へと進化させました。

荒川教授プロフィール

2001年慶應義塾大学理工学部情報工学科卒業。2003年同大学大学院理工学研究科前期博士課程修了。2006年同後期博士課程修了。博士(工学)。慶應義塾大学・助教、九州大学・助教、奈良先端大・准教授を経て、2019年より九州大学大学院システム情報科学研究院・教授。センサによる行動認識から行動変容を含むヒューマノフィリックシステムの研究に従事。これまで、IPSJ/IEEE-CS Young Scientist Award, Ubicomp/ISWC 2016 Best Demo Award含む、35件以上の賞を受賞。

https://arakawa-lab.com/

評価実験について

評価実験は「VTLは学生の睡眠の質を変える可能性がある」を仮説として掲げ、VTLが学生の生活にどのように影響を与えるのか?を科学的な側面から検証・評価するものです。

しかし、新型コロナウィルス感染症の影響により学生の登校等が制限されている現在、学生たちの評価が得られず、このたびの評価結果第1弾は、5名の研究室スタッフ様によるユーザーズボイスを評価内容としてお知らせいたします。

評価結果 第1弾:ユーザーズボイス(研究室スタッフ)

[1] 40代女性 秘書

VTLの目に優しい、ふんわりとした明るさのお陰か、PC作業での眼精疲労を感じにくくなった。
ルテイン(サプリメント)を手放せない毎日だったが、気づいたらもう三週間飲んでいない。
40代半ばの年齢に反比例して、ルテインを卒業できそうな予感がするこの頃。

[2] 30代男性 大学教員

蛍光灯使用時は、夜になっても明るさが変わらず、夜に作業しているときに目が疲れたと感じることが多くありました。
Lavigoを使うようになってから夜になると色や明るさが調整され、目の疲れが軽減されたように感じます。また、昼夜を問わず、書類に記入する際などに手元用の照明が不要になりました。

そして、自動点灯がとても便利です。以前は複数の蛍光灯が1つのスイッチで操作されていたため、誰もいないところを煌々と照らしていましたが、Lavigoでは人のいる部分だけが自動で点灯します。
消灯も自動なので消し忘れもなくなりました。何より、タッチレスであることは、昨今のコロナウイルス の観点で、接触を防げて良いと思います。ただ、広い部屋だと自分の周辺だけしか照らされず、少しさびしく感じるのが難点です。

[3] 40代女性 テクニカルスタッフ

朝、自席に近づいたときにふわっと点灯するのが好きです。
蛍光灯の時は時間帯や天候によって(手動で)オンオフを切り替えてバチッと机上の明暗が入れ替わっていましたが、Lavigoではいつでも一定の明るさが保たれているので明順応などのストレスがありません。

自宅に置くなら子供部屋がいいです。
オンオフの切り替えで集中が途切れるということもなく、手暗がりもできないため、安定した学習環境がつくれそうなので。

[4] 50代女性 秘書

蛍光灯使用時は、仕事を終えると目が疲れて痛みを感じることもありましたが、Lavigoを使用してからは、目の疲れが軽減され痛みを感じることもなくなりました。
また、自動で点灯・消灯してくれるのはとても便利です。
Lavigoはおしゃれなデザインで、研究室がスタイリッシュな空間になりました。

[5] 40代女性 秘書

当初はLavigoの台数が少なく、通常の蛍光灯の明かりも必要な時があり、Lavigoの良さを引き出せていなかったのか、さほど変化を感じられずにいましたが、各パートに設置をした後は、蛍光灯を使用する必要性がなくなり、一日中程よい間接照明の明かりにより目の疲れが軽減されたように感じます。
自動点灯・消灯で適時適所を照らしてくれるので、電気代の節約にも繋がり、自宅用にも欲しいくらいです。

※上記はあくまでも個人の感想であり、効果・効能を示すものではありません。

実験風景