ROLLON テレスコピックスライドレール

ROLLON テレスコピックスライドレール

ROLLON

高負荷容量、ペア使用で1tの重量物を1m搬送可能!
高耐久性、使用初期と変わらぬ、スムーズな転がりを長時間維持!

テレスコピックレール

テレスコピックレール

ワークの荷重やたわみ量に合わせ様々なタイプをご用意。
レール長の最大150%のストロークが可能です。

詳細はこちら

ヘグラレール

ヘグラレール

産業用テレスコピックスライドレール。
レール長の200%までのストロークが可能です。

詳細はこちら

特長

テレスコピックレール

レール長の最大150%のストロークが可能です。
ワークの荷重やたわみ量に合わせ様々なタイプをご用意。

テレスコピックレール 用途

(1)精度を必要としない重荷重アプリケーションに最適

  • 軌道面を焼き入れ処理することで、限界荷重下でも初期使用時と変わらぬスムーズな転がりを長期間維持
  • リニアガイドは許容荷重が大きいが、取り付けの際の要求が高いため使いにくい
  • 板金折り曲げレールでは許容荷重、寿命の面で要求を満たさない
    そのようなアプリケーションにこそテレスコピックレールが最適

テレスコピックレール 用途

精度は不要だが、荷重が大きいためにリニアガイドを
使っていたアプリケーションをテレスコピックレールで対応

(2)耐久性の高いスムーズな転がり性能

  • 軌道面を焼き入れ処理することで、限界荷重下でも初期使用時と変わらぬスムーズな転がりを長期間維持
  • 衝撃、振動に対しても軌道面の焼き入れ硬化処理で影響を受けにくい設計
  • 剛性の高い冷間引き抜き材レール、スライダーを採用でたわみが少ない

(3)コンパクト、重荷重での”たわみ”が極めて少ない

  • 軌道面を焼き入れ処理、剛性の高い断面形状を採用
  • コンパクトな断面形状で断面係数をUPした設計
高周波焼入れ
テレスコピックスライドレール

テレスコピックレール アプリケーション例の紹介

自動倉庫での使用例

自動倉庫での使用例

自動倉庫シャトルとして使用

  • 転動面焼き入れ処理 : スムーズな動作を長期間維持
    装置の長寿命化に貢献
  • コンパクトサイズ : 省スペースで必要ストロークを実現
    シャトルを小さく設計できるため、搬送荷物のサイズを大きくできる

動画

テレスコピックレール 採用例

テレスコピックレール採用例

車両のバッテリー引き出し
スムーズなスライドでメンテナンスを容易に実施

テレスコピックレール採用例

16gのクラッシュテストに合格して、航空機シートにも採用される高剛性なテレスコピックガイド

テレスコピックレール採用例

少ないたわみ、スムーズなスライドで、手動だけではなく、オートメーションにも使用可能
(自動倉庫やワークストッカーで活躍)
写真のようにロボットによる自動引き出し、押し戻しの例も多数あり

テレスコピックレール採用例

ヨーロッパの主要鉄道ドアメーカーに採用される信頼性
業界要求寿命 2,000,000サイクルに耐えられる、耐久性(通常ドアの寿命は車両の寿命)

テレスコピックレール ラインナップ

ASN

ASN

・シングルスライド、超重荷重対応
・レール長さの65%までストローク
・ダブルストローク使用可能
・非常に少ないたわみ量(ほぼ0)

DE

DE

・ダブルスライド
・重荷重・中荷重対応
・非常にコンパクトな設計
・レール長さの100%以上ストローク

DE...S

DE...S

・サイレントストッパー付き
 セストロークエンド、
 レール切り替わりの音、衝撃の低減
・重荷重対応

詳細はこちら

DE..D

DE..D

・ダブルストロークに最適
・ダブルストローク使用時に、特殊ディスクが
 センタープレートを押すことによって、
 センタープレートが元の位置に戻る

詳細はこちら

DSS

DSS

・ダブルスライド
・重荷重対応
・幅寸法が非常にコンパクト
・レール長さの100%以上ストローク
・非常に高い許容荷重 最大1000kg / 本
・S型のセンタープレートによりたわみ量を軽減

DSC

DSC

・ダブルスライド
・重荷重対応
・高さ方向の寸法を極力抑えたコンパクト設計
・少ないたわみ量
・強化ストッパー付き

DMS63

DMS63

・中間プレートに超高剛性ダブルT型プロファイル使用
・超重荷重対応 : 許容荷重 最大39,624N(2本使用時)
・大型アプリケーション対応 : たわみの少ないレール

詳細はこちら

DSE

DSE

・トリプルスライド
・レール長さ150%以上ストローク
 例 レール長さ 1010mm
   ストローク 1554mm
   許容荷重  200kg / 本

超重荷重向けスライドレール 「DMS63」

特長

  • 超高剛性のダブルT型プロファイルの中間プレートに
    ASNシリーズのレールを取り付け
  • 非常に大きい荷重のアプリケーションに最適
    許容荷重 最大39,624N(2本使用時)
DMS63
  • たわみの少ないレール

    超高剛性のダブルT型プロファイルの中間プレートによって、引き出し時に最高重量の荷重がかかっても、たわみを最小限に抑えます。

DMS63

たわみ算出例

型式 DMS63-1490-1531
レール長 1,490 mm
ストローク 1,531 mm
荷重 1,000 kg
レール先端でのたわみ量 約7.2 mm

1,000kgの荷重を1,500mmストロークさせた場合でも、先端でのたわみ量は約7.2mmに抑えられる。

重荷重の大型アプリケーションに最適

DMS63

仕様

DMS63
DMS63
DMS63

採用例

大型、重量物の引き出しが可能なため、各種製造装置、大型ストッカーでの採用実績あり

  • 大型液晶製造装置
  • 自動倉庫引き出し機構

[自動倉庫での採用例] 引き出し機構に「DMS63」を採用

DMS63

サイレントストッパー付きテレスコピックレール 「DE...Sシリーズ」

特長

  • サイレントストッパーにより動作時の音、衝撃を低減

    硬化樹脂製のストッパーによりレール動作時、ストロークエンドでの音、衝撃を低減させます。

    ※標準の「DEシリーズ」のストッパーはSUS製

DE...Sシリーズ

樹脂製ストッパーにより、樹脂と鉄が接触するため、音、衝撃を低減することができます。
また、従来のストッパーよりサイズが大きくなっているため、耐久性も向上しています。

動作による音の違いは動画をご覧ください。

  • 転動面焼き入れ

    転動面には高周波焼き入れが施されており長寿命
    長期間の使用でもスムーズな動作を実現

  • 長ストローク、重荷重対応

    レール長の約100%のストローク (最長ストローク : 2066mm
    高い許容荷重 (最大許容荷重 : Corad=2,322N/2本使用時

    ※DE*43S-1970-2066 にて

1.2mmの深さまで高周波焼き入れ
転動面 HRc60

DE...Sシリーズ

片側にレール長の約100%のストローク

DE...Sシリーズ

基本仕様

  • レールサイズ

    レール高さ : 28、35、43mm の3種類

  • DE...Sシリーズ
    DE...Sシリーズ

    ※ストローク、静定格荷重値はカタログをご参照ください。

    カタログダウンロードはこちら

    採用例

    • ドア用ガイドとして採用

      ドア開閉時の音、衝撃を低減

    DE...Sシリーズ
    • ユニット引き出し機構として採用

      手動動作におけるストロークエンドでの音、衝撃を低減
      また、ストロークエンドでの耐久性の向上

    DE...Sシリーズ

ディスク付きスライドレール 「DE..Dシリーズ」

特長

  • 常に正しい開閉位置を保持

    ディスクにより両側ストローク時に中間プレートが片方に残る事を防ぐ。
    両側ストロークのアプリケーションにおいて常に正しい開閉位置へ戻す。

DE..Dシリーズ
DE..Dシリーズ

下側スライダーが出ているとき

DE..Dシリーズ

ディスクが上に移動(偏心)し、上側スライダーの同方向への飛び出しを制限する。

DE..Dシリーズ

上側スライダーが出ているとき

DE..Dシリーズ

下側と同様の効果がある。
中間プレートが残ることを防止する。

[理想状態]

ディスクにより閉位置と両側開位置の3位置を保持

DE..Dシリーズ
DE..Dシリーズ

[NG状態]

開位置から閉位置に戻る際に中間プレートが取り残される

DE..Dシリーズ
  • 転動面焼き入れ

    転動面には高周波焼き入れが施されており長寿命
    長期間の使用でもスムーズな動作を実現

  • 長ストローク、重荷重対応

    レール長の約100%のストローク (最長ストローク : 1962mm
    高い許容荷重 (最大許容荷重 : Corad=7906N/2本使用時

    ※DEF63D-1970-1962 にて

1.2mmの深さまで高周波焼き入れ
転動面 HRc60

DE..Dシリーズ

両側にレール長の約100%のストローク

DE..Dシリーズ

基本仕様

DE..Dシリーズ
DE..Dシリーズ

※ストローク、静定格荷重値はカタログをご参照ください。

カタログダウンロードはこちら

採用例

  • ストッカー用引き出しレールとして採用

    閉位置と両側の開状態の位置を保持できるため、
    自動化システムのワークストッカー用引き出しレールとして最適

DE..Dシリーズ

ロボットによる引き出し側と作業者による引き出し側に分けることでオートメーションにも使用可能
(自動倉庫、ワークストッカーで活躍)
※ロボットによる自動引き出し、押し戻しでの採用例あり

ヘグラレール

産業用テレスコピックスライドレール。レール長の200%までのストロークが可能。
ステンレス、アルミ製もご用意。お客様の用途に合わせたレールの選択が可能です。

様々なタイプのテレスコピックスライドレール

  • レール長さに対して最大200%までのロングストローク
  • 鉄以外にもアルミ、ステンレススチールなど、レール材質が選択可能
  • 5タイプの製品群から構成(部分スライド、フルスライド、超スライド、重荷重用、S型)
  • ロッキング機構、ダンパー機構
    お客様の用途に合わせたレールの選択が可能

ヘグラレール

ヘグラレール ラインナップ

部分スライド テレスコピックスライドレール

レール長さの50%がストロークするタイプの製品で、1本の固定側レールと1本の移動側スライダーによって成り立っています。高い剛性とスムーズなスライド性能が得られる製品です。

フルスライド テレスコピックスライドレール

レール長さの100%がストロークする製品です。1本の固定側レールと2本の移動側スライダーから構成され、様々なデザインとサイズを取り揃えております。

超ストローク テレスコピックスライドレール

レール長さ200%までストローク可能な製品です。高い断面二次モーメントの中間プレートを使用することにより、フルストロークした際も高い許容荷重と剛性を持っています。

高荷重用 テレスコピックスライドレール

レール長さの100%がストロークする、剛性の高い中間プレートと、2つのスライダーから構成されています。特に高い荷重のアプリケーションに対して特別にデザインされたテレスコピックスライドレールです。

S型プロファイル テレスコピックスライドレール

レール長さ100%がストロークするテレスコピックスライドレールで、S型の中間プレートに2本のレールが取り付けられています。コンパクトなデザインと、高い剛性が特徴です。

ヘグラレール オプション

ロッキング機構

ロッキング機構はヘグラレールをストロークエンドでロックすることができる機能です。
レールが閉じた状態の時に空いてしまうのを防いだり、逆にレールが開いている状態の時にストロークエンドでロックすることができます。この機構は、特にインストールする際や、車両のように動くアプリケーションの場合に、作業の安全と、ワークの安全に取り扱うために有効です。
HGTタイプにロッキング機構を取り付ける場合は、右側レールと左側レールでデザインが異なりますのでご注意ください。

ダンパー

ヘグラレールテレスコピックスライドレールは、クローズ時の衝撃を和らげるダンパーを装着することができます。樹脂製のダンパーが静かな動作を実現し、柔らかな停止とストロークエンドでのストッパーの耐久性を高めます。