HEMA ロトクランプ(Roto Clamp)

HEMA ロトクランプ(Roto Clamp)

HEMA

コンパクなボディで大きな保持トルクを持つシャフトクランプ しかもエアー駆動

停止しているシャフトをクランプする、位置決め用のシャフトクランプです。
回転しているシャフトをクランプするブレーキ用途では、ご使用になれません。

特長

空気圧による駆動

油圧駆動に較べ、周辺機器も含めてコストを低減。

コンパクトなボディ

厚さが薄いのが特長で、機械設計に自由度をもたらす。

高い保持トルク

エアーの圧力+バネの力を併用するエアーブーストタイプ、複数枚重ねるタンデムタイプなど、保持トルクを向上
させる手段が選択可能。

空気圧による駆動

対応シャフト径は、φ50~φ340までを標準的にカバー(ロトクランプ インサイド)。

仕様

駆動源 エアー(0.4 MPa又は0.6 MPa仕様)
標準品駆動方式 エアー圧力でアンクランプ、スプリングの力でクランプ
アクティブタイプ駆動方式 スプリングの力でアンクランプ、エアー圧力でクランプ
保持力増強仕様
ブースト仕様
(アクティブタイプ以外)
スプリングの力でクランプするのに加え、
エアー圧力でスプリングの力をサポート
標準クランプ仕様
ロトクランプ インサイド
シャフトの外径をクランプ
特殊クランプ仕様
ロトクランプ アウトサイド
フランジの内径をクランプ(ロトクランプは内側から
外側に押し広げる)
小形タイプ 
ロトクランプ Sシリーズ
・最小:φ50シャフト用 (保持トルク108 Nm / 0.6 MPa
ブーストあり)
・最大:φ90シャフト用 (保持トルク342 Nm / 0.6 MPa
ブーストあり)
標準タイプ 
ロトクランプ Nシリーズ
・最小:φ100シャフト用 (保持トルク420 Nm / 0.6 MPa
ブーストあり)
・最大:φ340シャフト用(保持トルク4680 Nm / 0.6 MPa
ブーストあり)
強力タイプ
ロトクランプ Lシリーズ
(0.4MPa仕様のみ)
・最小:φ70シャフト用 (保持トルク210 Nm / 0.4 MPa
ブーストあり)
・最大:φ340シャフト用 (保持トルク4680 Nm / 0.4 MPa
ブーストあり)
YRTベアリング対応タイプ
ロトクランプ YRTシリーズ
・最小:φ200シャフト用 (保持トルク1000 Nm / 0.6 MPa ブーストあり)
・最大:φ460シャフト用 (保持トルク8400 Nm / 0.6 MPa ブーストあり)
タンデム仕様 シャフト直径のサイズアップの代わりに、複数のロト
クランプを重ねたタンデム仕様で保持トルクをアップ

動画